ブログ

集中力を付ける方法

 

 集中力を付けたければ、集中を持続できている人の真似をするのが一番と言われます。
 勉強に集中できる人の共通点第一位は、自分がどういう時に集中できるかを知っていて、その状況を意識的に作ることができるということです。ということは、まずは自分の集中力を知ることが先決でしょう。
集中力は脳の前頭前野というとこで生み出されます。ここは自我(俺はおれ!)や意志(俺がやらねば!)の中枢なので、数秒間、集中しろと意識するだけである程度は高まります。熱血ドラマで「集中!」とか書いて壁に貼ったり、はちまきを頭に巻きつけたキャラがたまに出ますが、アレ、実は大正解なんです。

 とはいえ、脳はどんなに調子が良くても長時間使い続けるとワザと集中力を落とし、自分を守ろうとします(疲弊しきった時に身に危険が起きたらタイヘンだからです)
その疲れやすさの波
(集中力曲線といいます)は個人差が非常に大きく、そのパターンを知ることが集中力を高めるキモです。自分の波を知る方法は簡単です。五分のタイマーを準備してせっせと勉強を開始。この時は単純な計算問題(因数分解など)が良いでしょう。アラームがなったら自分が今の五分間どれくらい集中してたかを五段階でチェックします。今俺キテたなあと思ったら五、やべー寝てた!なら1!!()
それを一時間繰り返します。更に何日かに渡ってこれを続けることです(自己評価だけだと正確性に欠けるので客観的な評価も有るとbetterです。
そして、作成した集中力曲線から、集中タイプを診断しますこれが出来たら、後はこの集中力曲線を反映したスケジューリングを組み立てていけばよいのです

 そうして集中力が高い状態を維持して勉強が出来るようになると、集中した状態がどういうものか、そうでない状態との比較で分かってきます。集中力の正体が分かってくるのです。正体が分かればコントロールできます。

 集中力が高い状態で勉強を続けることにより、集中力は更に自己増殖してゆきます。そうすると集中力曲線自体も変わってきますので、半年に一度くらいのペースで曲線を計り直すとよいでしょう。

関連記事

  1. 学歴社会について
  2. 何故暗記科目「こそ」家庭教師が必要なのか
  3. 柿森拓朗(代表) 代表柿森の短期集中講座開講決定!
  4. 定員に達しましたので、今年度の新規生徒受付を終了いたします。
  5. 世界の~主義を理解する④
  6. 世界の~主義を理解する⑤心・・この未知なる相棒!
  7. 世界の~主義を理解する①自由に生きたい!でも、、、自由って何?
  8. 世界の~主義を理解する③今こそ答えよう!どうして人を殺しちゃいけ…
PAGE TOP