ブログ

世界の~主義を理解する④

人生は「選択」の連続だ
人生はまさに選択の連続です。どんな選択をするかが、その人の人格であり個性であるとも言えます。選択の基準となるものが誰にも有るものです。今回は、何を判断基準とするべきなのかを巡る主義を見ていきます。
1直感主義:代表 EXILE

 ダンスに、経験や知識は関係ないんだよね。言葉は心を超えないって、ASKAさんも歌ってたじゃん?言葉とかさ、頭でひねり出したものは信用出来ないよ。もっと直観、自分の感覚を大事にしようぜ!何か決断を迫られた時は直観を大切にするんだ。そして感じたままに表現するんだ!そう、ダンスだよ!身体で表現するんだ。俺のダンスを見ろ!ほらな、言葉は無くても伝わるんだよ。え?何を表現したのかわからないって?‥お前、鈍い奴だな。

2体験主義:代表 ノグチ・ケン

 ヒロ君良いこと言うね!俺も理屈ばっかこねる奴は嫌いだよ。ただ俺は直観よりも経験そのものを重視するけどね。登ったこともないのに、山について語る奴が多すぎるよ。本を読んで、言葉で知った知識なんて何の役にも立たないよ。エベレストの事は、実際登ったやつにしかわからないんだ。自分の身体で経験したことだけが真理なんだ。だから経験してない君たちが何を言っても、俺には響かないよ。悔しかったら登ってみ!

3プラグマティズム;代表 佐村河内まもる

 二人とも良いこと言いますね。私も言葉は役に立たないという立場は同じです。ただ、私はもっとシンプルですよ。シンプルイズベスト。音楽は分かり易くなくちゃ。単純にね、役に立てばいいのですよ。真理や本質が先に有るのではなく、役に立ったものが真理なのです。耳が聞こえるとか聞こえないとか、誰が作ったとかなんて過程はどうでもいいんです。結果として出来た作品が役に立ったのかどうかを、判断基準にしなさい。結果役に立てば、それに対して手段がどうとか言う権利は誰にも有りませんよ!

 新垣さんの音楽を聴いて、実際に多くの人が心を打たれ、心を安らげていたのです。そして彼が新垣隆として発表するのではなく、難聴の私を介しプロデュースすることで、より多くの人に届き、より多くの人が音楽に救われた。それでいいじゃないですか?あなた達は、そんな世の役に立つシステムを台無しにしたのです。そっとしておいてくれれば、こんなことにはならなかったのに。

4実証主義:代表 理化学研究所&ノムさん
理:「前のお三方の様な人が居るから、小保方晴子氏のような事件が起きるんです。真理は、実験による検証を経て初めて真理と言えるのです。同じ条件で同じようにやってみて同じ結果が出る。これが実証です。おぼちゃんのように、私には出来るといくら言い張ったところで、他の人が同じように経験できないことは真理にはなりえない。大切なことを決める時の判断材料には、なりゃしませんよ」

 ノム:「そうそう。例えば野球でね、一塁へはヘッドスライディングするより駆け抜けた方が速いことは、とっくに実証されていますよ。しかも、怪我のリスクは10倍以上も高くなる。そんなリスクしかないことをするなんて、実証主義的には馬鹿げているとしか言いようがない。ヘッドスライディングする奴は、試合に出しませんよ」

5懐疑主義:代表 でかると
本当?今までみんなが言ってきたことって、本当に本当?でもそれぞれ互いに矛盾してるよ?信じる人は救われるっていうけどさ、「全部信じる」のは「全部信じない」のと一緒だよね?信じるよりまずはさ、疑った方が良いんじゃない?せっかく僕たちには物事を疑う能力
(良識)が有るんだからさ。

 ほら、よくさ、僕の見ている「赤」と君の見てる「赤」は本当に同じ色か?とか言うじゃん?それだって結局誰にも分らないわけだし、誰にも疑えないような事実なんて、滅多に無いんじゃない?

 だからさ、抜本的解決にはなってないかもしれないけど、判断の仕方だって、これだ!っていう絶対的な方法が有るんじゃなくて、選択肢を与えられるたびに、本当にこれでいいのか?って自分に問いかけて、悩んで悩んで一つ一つ決断していくしかないんじゃないかなあ?

・・この文で「?」マーク何回使ったんだろ?

6まとめ
まず直感主義と体験主義は、いずれも共有できない「感覚」を判断基準としている点で、独善的判断に陥る可能性が有ります。「感覚」を根拠にされたら、こっちはもう反論できないんですよね。何を言っても、こっちの感覚が鈍いとか、感覚が合わないで済まされてしまいますから。しかも、この主義を取る人は面倒くさがりが多いんですよね。言葉を信じないと言いますが、それは言葉を使いこなせていない、あるいは頭を使うのが面倒くさいだけの場合が多いですからね。感覚を武器にするのは楽なんですよ、努力不要ですから。・・すいません、出来るだけバイアスを掛けずに伝えたいんですが、つい感情的に(・・;)!

 次にプラグマティズムですが、これは言い換えればただの超ポジティブ人間です()。結果オーライってやつです。それだけでなく、結果が悪くても、良いように捉えようとします。その時々は落ち込まずにいられるかもしませんが、現実をありのままで受け止めてしまうので、向上心が無いんですよね。同じ失敗を繰り返してしまう人は、プラグマティズムてきなところがあるかもしれません。
実証主義は、最も科学的で、現代社会で受け入れられている判断方法です。しかし、これにも欠点はあります。わかります?ちょっと考えてみて下さい。・・そうです、実証出来ないものには、完全にお手上げなんですね。例えば死後の世界。だから、「死後の世界の歩き方」はいつまで待っても販売されないわけです
()あと、実証出来るものでも、結局は仮説の域を出ない。「カラスは黒い」は、たった一羽の白いカラスの存在で覆されます。ただ、このたった一つの反証で覆されるという科学の性質が、むしろ科学と非科学を分ける特徴でも有るわけです。反証をあっさり認めるところが、インチキ宗教と科学を見分けるポイントです。

 最後に懐疑主義ですが、人生を分けるような重要な選択には、こんな風に疑って疑ってじっくり判断する姿勢が必要でしょう。お昼ごはんのメニューまで熟考していたら、誰もランチに誘ってくれなくなります()。ただ、問題は「何が重要な選択になるかは自分にも分からないということです。ざわちんのように、なにげなくブログに板野友美メイクをアップしてみたら一躍芸能人なったり、友達の紹介で何となく出会った人が、生涯のパートナーになったりするんですから。・・しかし、何でもないことをいちいち疑うなんて、情報過多の現代ではストレスを生むだけの気もします。

関連記事

  1. 日本語との対応で覚えられるお得な前置詞たち
  2. 世界の〇〇主義を理解する
  3. 世界の~主義を理解する③今こそ答えよう!どうして人を殺しちゃいけ…
  4. (受験生必見!)近代史を超速で概観する!➁中近世、人間の解放、そ…
  5. 何故暗記科目「こそ」家庭教師が必要なのか
  6. 冠詞で解く英語の長文問題
  7. 得意科目と苦手科目~1点の価値~
  8. 世界の~主義を理解する⑤心・・この未知なる相棒!
PAGE TOP