ブログ

学歴社会について

日本の社会は学歴社会だとよく批判されます。

東大という名前だけで一流企業に合格するとか、三流大学だから落ちるとか。確かにその傾向はあります。しかし、企業は決して「東大だからきっと使えるだろう」と思って根拠なく採用しているわけではありません。

企業にとって、優秀な人材は何よりの宝です。そんな宝探しに、地図も持たず挑むわけがありません。ほぼ全ての企業が、過去採用した人材に関するデータを詳細に記録しているのです。その統計上、「学歴の高い人ほど戦力になった」というデータが出ている企業が、高学歴の学生を採用しているだけなのです。

厳しい受験戦争に勝つには、高い自律性・計画性・欲望に打ち勝つ心、克己心、根性、要領・・などなど、社会に出た時にも求められる様々な能力が必要になります。受験勉強で身に付くものが、決して知識だけではないという事を、積み重ねられた企業の採用データが証明しているのです。

また、近年、高学歴でも就職できない→良い大学出ても無駄という議論がされているようです。しかし、これは「日本が学歴を採用基準から廃し、どの大学からも幅広く人材を求めるようになった」ということでは決してありません。

現実は、高学歴「でも」、「それだけでは」、就職出来なくなったというのが正しいのです。学歴+αが必要になったというだけなのです。学歴が無い学生はより一層厳しい現状が待っているのは言うまでも有りません。

そのプラスαを、受験を通して身に付けようというのがsenseの理念です。

関連記事

  1. 冠詞で解く英語の長文問題
  2. 権利は義務の対価なのか
  3. 集中力を付ける方法
  4. 世界の~主義を理解する⑤心・・この未知なる相棒!
  5. 情報化社会の権力関係
  6. kindleで思考力up!
  7. 世界の~主義を理解する➁政治は誰がやっても同じ・・なワケ無い!(…
  8. 高校・大学受験共通・小説の読み方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP