ブログ

kindleで思考力up!

 国語とは、日本語を学ぶ教科です。日本語を母国語とする我々は、既に日常生活に問題ない日本語力を身に付けています。しかし、中高と六年間に渡ってなお日本語を学び続けます。難解な評論文や、一生使わないんじゃないか?って思うような四字熟語にことわざ・・何のために?と思う事も少なくないでしょう。

 

 しかし、それは言葉の持つ力を過小評価しています。人間は、言葉を使わないとモノを考えることが出来ません。逆に言えば、新しい言葉を1つ知るという事は、考えられることが1つ増えるという事なのです。

 頭が良いか悪いかは一般に思考力が一つの基準になるようですから、頭が良くなりたければ、如何わしい脳力開発に取り組むよりも、沢山言葉を知って、考えられることをどんどん増やしていく方が確実です。

 しかも、知識は足し算では無く、思考→関連付けという正しい勉強法を実践する事によって、掛け算で増えていきます。

 

 そして、新しい言葉を知る為におすすめしたいのが、kindleを活用した読書です。言葉を知るには本を読むことが一番とよく言いますが、それはあくまで初めて見た言葉を辞書で調べ、確認し、メモを取り、都度確認するという学習過程を経た場合に限ります。

 これは非常に面倒くさい。物語の展開に夢中になっていれば尚更、すっ飛ばしたくなります。 しかし、kindleであればその言葉をクリックするだけで電子辞書が意味や用例を教えてくれます。一秒です。辞書を引くという作業の面倒くささは省き、言葉を知る効果は保ってくれます。これならば、よほどの面倒くさがりでも、調べようとしてくれるのではないでしょうか(笑)

 是非kindleを有効活用し、語彙を増やし、思考力up・脳力開発に役立てて下さい。

関連記事

  1. 何故暗記科目「こそ」家庭教師が必要なのか
  2. 世界の~主義を理解する⑤心・・この未知なる相棒!
  3. 世界の~主義を理解する➁政治は誰がやっても同じ・・なワケ無い!(…
  4. (受験生必見!)近代史を超速で概観する!➁中近世、人間の解放、そ…
  5. 得意科目と苦手科目~1点の価値~
  6. 学歴社会について
  7. 英単語の覚え方
  8. 記憶の仕組みと学習法の重要性
PAGE TOP