ブログ

記憶の仕組みと学習法の重要性

記憶とは、脳に新たな神経回路が形成されることです。そして、回路を形成する神経細胞の能力は人類皆平等に与えられています。もっと言えば、ヒトでもゾウでもネズミでも同じです。

能力は同じ、それなのに、なぜ記憶力の良い人・悪い人という差が生まれるのでしょうか?

実は、その差は全て記憶の「方法とタイミング」の差にすぎないのです。噛み砕いて言えば、記憶力が良いと言われる人は「記憶に残る方法で」覚え、「記憶に残るタイミングで復習」しているだけなのです。

ということは、誰でも「記憶力が良い人」になることは可能だということです。方法とタイミングを変えるだけなのですから。必要なのは、その方法論とタイミングを知って、実践することだけです。

だから、(スケジューリングを含めた)学習方法がとても大切なのです。世界の学習先進国やインターナショナルスクールでは、脳科学的見地に基づいた記憶法・スケジューリングといった学習法が非常に大切に教えられます。

しかし、根性論がもてはやされる日本では、未だにそういうところに目が向けられず、A君が勉強が出来るのはお前より頑張っているからだ!お前もやれ!と、勉強「量」ばかりに話が進んでしまいます。結果、子供は青春を犠牲にして「公式」や「年号」や「英単語」や「解き方」を一つ一つ覚えなくてはいけない。勉強はそういうものだと思ってしまいます。だから好きにもならない。悪循環でしかありません。

結果日本は、世界から取り残されています。学力低下、世界ランクの後退はもう毎年恒例のニュースです。皆さん、そろそろ学習法を真剣に考えましょう。「10回やってダメなら11回やる」のではなく、10回やってダメだった方法を見直す方が、よほど未来に繋がりませんか?

関連記事

  1. 世界の〇〇主義を理解する
  2. 新年おめでとうございます!
  3. 得意科目と苦手科目~1点の価値~
  4. 数学学習の4つのコツ
  5. 高校・大学受験共通・小説の読み方
  6. 今後の社会で必要とされる人材
  7. 日本語との対応で覚えられるお得な前置詞たち
  8. 日本語の論理と察しとKY

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP