ブログ

今後の社会で必要とされる人材

人々の欲望の対象が,まだ物自体に有った時代、社会人には、愚直に努力する力を求められました。日本の企業は、ドイツやアメリカの真似をすればよかったので、それら先進国の情報をせっせと収集して、真面目にコツコツ模倣する、大学も企業もその力を求めていました。大学の教授もアメリカの先端的な論文を訳した人が偉かったのです。つまり勝者になるには若い時からの努力の積み重ね+その証(良い大学を卒業すること)が必要でした。

これに対し、現代はものに対する欲望が充足し、記号(ブランド)を消費するようになりました。そんな時代に必要な能力は違いを作りだす能力や付加価値を生む能力です。ブランドに必要なのは、模倣ではなくオリジナリティだからです。

では、今の子供たちが大人になった時に必要なのはどんな力でしょうか。おそらく後十数年はブランド消費の時代が続くでしょうから、先にあげた能力も必要ではあります。

しかしより長い時間を生きるのは、世界が次の段階に進んだ時代でしょう。

そして、世界が次にどのように変わっていくかは誰にも予測できません。例えば世界の人口の大部分が持てる側になった社会を想定すると、少なくとも現在の体系の資本主義は立ち行かなくなります。

いずれにしても、システム自体の大転換が行われる可能性は大いにあります。その時彼らに必要なのは、変化に対応する力です。それは、守備位置やバッティングフォームを変えるようなマイナーチェンジではありません。昨日まで野球をやっていた人が、明日からサッカー選手になる程の大転換です。

その時通用するのは、地道に素振りや投げ込みを重ねてきた人では有りません。人間の所作全てに通じる身体の使い方そのものに目を向け、追い求めてきた選手です。

勉強で言えば、知識を詰め込んできた人ではなく、知識の習得法と、その使い方を追究した人です。英単語や公式を一つ一つ真面目に覚えてた子供は良い大学に受かるかもしれません。しかし、今まで蓄えてきた知識が使い物にならなくなった時には、何も出来なくなります。逆に、知識の覚え方、頭の使い方、ものの考え方を勉強してきた子供は、新たな世界に心を躍らせることが出来ます。

senseが目指すのはそんな教育です。

関連記事

  1. 柿森拓朗(代表) 代表柿森の短期集中講座開講決定!
  2. 何故暗記科目「こそ」家庭教師が必要なのか
  3. 高校・大学受験共通・小説の読み方
  4. 世界の~主義を理解する④
  5. kindleで思考力up!
  6. 冠詞で解く英語の長文問題
  7. 数学学習の4つのコツ
  8. 情報化社会の権力関係

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP