HOMEの大学受験合格法~3つのメソッドで勝つ!~

HOMEの大学受験合格法~3つのメソッドで勝つ!~

一生を決める大切な時期。だからこそ、受験テクニックに終始せず、看護師の資質を育むことに真摯に向き合う

看護学部の入試やほかの学部に比べ特徴がはっきりしています。
①小論文や志望理由書、そして面接が多くの大学で課されており、AO・推薦での入学が高い割合を占める
➁英語・国語の長文問題も医学系の知識や生命倫理、道徳的な内容が問われることが多い
これは、それだけ看護の世界で「人間性」や「意欲」が重視されていることを示しています。
そしてそれは、実際に看護師として社会に出たときに、それらの能力・資質が必要だからに他なりません。
予備校では雛型のような模範解答を作して面接の受け答えのテクニックを教えますが、真に看護師に相応
しい力を磨いていくことこそ、我々が看護師を目指す生徒に教えるべきことではないでしょうか。
なぜなら、多くの生徒にとって、本当のゴールは大学や専門学校への合格でも、看護師になること
でもなく、看護師として立派に勤め、自身も他人も豊かにすることだからです。
そしてHOMEのゴールも、ただ生徒たちが思い描く未来の自分像を実現することにほかなりません。

①高い学習効果を導く「受験のパーソナルトレーニング」

成績を伸ばすプロセスは
①「分かる」と「分からない」、「出来る」と「出来ない」を切り分ける②「分からなかい」ことを知り、「出来ない」を出来るようにする③ ➁が再び①に戻らないように、適切なタイミングで復習をする
という三段階で成り立っています。
しかし通常の塾や学校の授業でやることは➁のみです。
ですから、①③が自力でできない生徒は、自分にとって授業の中でどこが重要でどこが力の抜きどころか判断できず、かつ授業の知識を定着させるすべも知らないので、どれだけ通っても成績は伸びないのです。
そこで、HOMEでは「受験のパーソナルトレーナー」という考えを導入しています。
客観的に自分を理解し、今何をすべきかを正確に判断し、それを定着するまで自分を律することは極めて難しいことです。スポーツの世界でも、一流のアスリートほどパーソナルトレーナーを雇い、今の自分に最適な練習プログラムを組んで貰い、自分では甘えが出るきついトレーニングの「あと一回」をこなせるよう叱咤激励するのです。
勉強も同じです。プロの教師が①③まで指導すればよいのです。まさに、受験のパーソナルトレーナーです。現代はスタディサプリのような安価なネット配信授業も有りますし、有名教師がYoutubeなどで無料授業動画も流しています。「②知識を得る」を高いレベルで教授することのハードルは下がり、相対的に①③の需要は増してきています。ですから、これからの教師は単に知識を与えるだけでなく、生徒をよく知り、一人ひとりに合った学習プログラムを組み、やる気やモチベーションなどメンタルの管理にまで、プロフェッショナルであるべきなのです。

➁生徒同士で学び合い・高め合うグループ学習

漫画「ONE PIECE」の仲間達は、なぜあんなに結束が強いのでしょうか。「麦わらの一味」は、それぞれの個性が強く、とても共通の趣味があったり、話が合うとは思えません。しかし、彼らは決して切れない強力な人間関係を築くうえで最も大切なものを共有してるのです。それは、「夢」「目標」です。彼らは「世界一のコックになる」「最強の剣士になる」などそれぞれの夢をかなえるためルフィの掲げる「海賊王になる」に共鳴し、互いの夢がそれぞれの夢の達成に欠かせないパーツになっているのです。それぞれの得意(戦士・航海士・医師など)でチームを支えながら同じ目標を達成する。これが、本当の仲間です。
HOMEは、HOMEの生徒たちが強い絆で結ばれ、生徒同士がの教え合いやグループ授業を非常に重視しています。何もできない生徒は絶対にいません。誰しも必ず人より優れたところ、劣ったところいずれも持っているのです。HOMEはそれを見極め、それぞれの生徒に必ず仲間の力になれる役割を見出します。それが生徒の自信にもなり、チームの結束にもなり、相乗効果で全員合格を達成するのです。
ただ、唯一「看護師になりたい」その強い気持ちだけは同じ船に乗るためにはどうしても必要になります。ですから、やる気のない生徒、親御さんに言われ仕方なく来た生徒の入塾はご遠慮いただいております。
もちろん、船頭となる教師もHOMEの大切な一員。人間性を徹底的に重視しています。どんなに教え上手でも、生徒の未来を預かっているという気持ちを持てない先生は雇いません。
私たちは、学びあい・教え合いの絶大な効果を早くから気づき、方法論を確立しています。極めて効果の高い「生徒同士の学びあい授業」を提供することができます。

③最高の「学習法」は、なにより生徒が机に向かう環境を作ること!

生徒はよく、勉強法を教えてほしいと質問が来ます。しかし、学習法には「誰にでも当てはまる絶対の不正解」は存在しますが、「誰にでも当てはまる絶対の正解」は存在しません。Aさんに効果が合った方法がBさんにも効果があるとは限らないのです。ですから、HOMEでは学習法の不正解をまず生徒に伝え、それを避けることから始めます。そして教師が生徒にあった学習法の正解を提案したり、グループ授業で他の生徒の考え方、学習の仕方を参考にしながら、徐々に自身にあった正解を見つけられるようHOMEの仲間で共に切磋琢磨していきます。
、、、しかし!正直なところ多くの生徒が苦労しているのは、「机に向かった後」の学習法ではなく、そもそも「机に向かうこと」ではないでしょうか?机に向かうまでの重い腰を上げるためのハードルが生徒たちにはあまりに多い。lineにインスタにtiktokにyoutube、、片手の中にやりたいことが詰まっています。とはいえスマホをロックしても今度はテレビやお部屋掃除、枝毛抜き(笑)など、「今勉強をしない理由」はいくらでも沸いてしまうものです。ですから、HOMEは学習環境を徹底的に考え、生徒が来たくなる環境作りやモチベーション対策に特に力を入れています。塾としては非常に狭い空間ですが、これも限定された空間のほうが学習環境としては適しているというデータに基づいたものです。教師の目が届くというのも生徒にとっては程よい緊張感になりますし、彩色や机の配置なども全て生徒の気持ちがストレス無く学習に向くよう考えられています。そして何より、講師の人柄、単に仕事だから指導をするという講師はHOMEには一人もおりません。生徒を何とかしたいと心から生徒と向き合う講師の存在が、生徒のモチベーションを刺激します。生徒を机に向かう気持ちにさせることこそ、何より大切な学習法なのです。

HOMEは教師と生徒の「相性」も重視

①相性判断は難しい!

「相性を重視」と、口で言うのは簡単ですが、実際に教師と生徒の相性を見極め上手く結びつけることは難しいものです。具体的には以下の3点が不可欠です。
1教師の人柄や授業方法、あらゆるタイプの生徒にどう接するのかを紹介者が把握していること
2丁寧なコンサルティング(性格面・趣味趣向のヒアリングや模擬授業など)を通して生徒を真摯に知ること
3マッチング担当者自身の教師経験が豊富で、教師と生徒の化学反応を予測できること
しかし、この3つの要素を全て備えて運営している事業者は14年のキャリアで見たことが有りません。
大手家庭教師派遣会社・塾・予備校はスタッフに教師としてのキャリアが無かったり、生徒との面談や教師の特徴の把握が十分では有りません。
HOMEは、以上の問題点を解消すべく、キャリアの豊富な代表自らが講師の面接や研修、話し合いを重ね、生徒との面談も自らった上で、担当教師を決定しています。

➁そもそもなぜ相性が大切なのか

「良き師との出会いは一生の財産」という言葉があるように、教師との出会いは生徒の一生を大きく左右します。しかし、どんなピースにもはまるパズルのピースが存在せず、どんな絵にも合う額縁も無いように、どんな生徒でも絶対伸ばせる教師も存在しません。授業は共同作業、教師と生徒の相性はことのほか大切なのです。先生の為に頑張る、先生の言う事なら信じられる。その気持ちが学力の向上に影響することは言うまでも有りません。また、「勉強を教える・教わる」という関係だけでなく、休憩でちょっとした雑談をしたり、悩みを聞いたり、そうやって絆を深めていくことで、教師のアドバイスが言葉を超えて響くものになるのです。そうして培った師との関係は、受験を超えて一生の財産になります。HOMEも生徒にとってそんな存在になれることを目指しています。

PAGE TOP