AO・推薦入試対策コース

AO・推薦入試対策コース

AO・推薦入試の意義~達成感の有る受験をしよう~

実は、AO・推薦入試で合格した看護学生は、一般入試で入学した生徒に比べ退学率や看護師になった後の離職率が高いのが現実です。原因としてよく言われるのは「辛い受験を乗り越えた経験がないから」というもの。確かに、辛いことを乗り越える経験は確実に人を成長させます。受験を乗り越えることには大きな意義があります。しかし、「AO・推薦入試だから辛い受験を乗り越える必要がない」という発想は問題ではないでしょうか。
AOや推薦入試は、学力だけでは測れない人間的魅力を持った学生を集めるという大切な意義を持っています。実際にどんな分野でも同じタイプの人間だけが集まった組織は機能しないものです。ですから、AOや推薦入試を受ける生徒はその制度で選ばれる人間であることを自覚し、友達や家族に誇れる何かを一つ持つことを目標に学生生活を送ってほしいのです。その気持ちがあれば一般受験と変わらない苦しさも味わうこともあるでしょうし、合格を勝ち取った時も変わらない達成感を得られます。「誇れる何か」は部活でも趣味でも恋愛で人の心の機微を知りましたでも良いと思うのです。AOで入ったから、あの子は推薦だから、そんなこと言われず、生徒が人に誇れ、未来の自分も「AOで受験してよかった」と思えるような受験生活を送れることを、HOMEは目指しています。

AO・推薦入試の戦い方

AO・推薦入試対策のために塾に通う生徒は今まであまりいませんでした。それは、一般に塾や予備校の講師はセンター試験や個別試験で点を取る点を取るための専門家ではありますが、AOや推薦の対策には疎かったという塾側の姿勢も一因になっています。
HOMEでは、先に挙げたAO・推薦制度の意をくみ取り、大切な受験制度の一つと考え、対策を作りこんでいます。一般受験に比べるとライバルもそれほど強くなく、しっかり対策をした人にとっては最も合格を確保しやすく、かつその分空いた時間で看護師の資質を高める対策もでき、ぜひ利用すべき制度だと考えています。
HOMEのAO・推薦入試対策の特徴は以下の通りです。

①面接・小論文対策
AO・推薦入試の小論文は配点も特に高く、入試の中心的な側面があります。AO・推薦入試の生徒にとってはまさに小論文対策こそが受験対策のメインです。にもかかわらず多くの生徒が有効な対策をせず、皆似たり寄ったりの答案を作ってしまいます。
例えば環境問題について書きなさいと言われたときに、「自然を大切にする意識を一人一人が敷かk理持たなければならない」や「人間と自然の共生の道を模索しなければならない」など、ごくごく当たり前で誰でも言えるようなことを結論として書いてしまっているのです。その中でただ一人、大学をうならせるような視点・論じ方が出来れば、内申点が低くてもごぼう抜き、確実に合格できます。実際、そのような答案を書くためにはかなり多くの背景知識・文章理解力・大学の求める人物像・カリキュラムポリシーの理解など多くの要素が必要になりますので、多くの生徒にとっては高き門であり、多少の対策では壁を超えることは出来ません。しかし、HOMEの小論文対策をしっかり受講してくれれば、必ず他生徒とは全く次元の違う小論文を書くことができるようになります。

➁内申点対策~学校の授業を最大限活かした日々のスケジューリング~
定期テストでしっかりと基準点を獲得し、日々の学校の宿題・課題を確実に提出することが、学力という点における学校の授業スケジュールをベースに、脳科学に基づいた効率的な復習計画を取り、予習計画は生徒の理解度に基づき個別に立てることで、内申点対策を同時進行で、効率的に進めていきます。

③看護師に必要な人間力対策
生命倫理・ターミナルケア・臨床心理学など看護師としての教養の基礎(そんなに難しいことは話しません。看護師が向き合わなくてはいけない諸問題に興味を持ってもらうことを第一に考えて指導いたします)。加えて、協調性を高めるための学びあい授業・論理性を高める「考え方」の授業、指導力やリーダー性を養う研修など看護師になった先、生徒の未来を見据えた総合的な授業を致します。

PAGE TOP